苦労したかではなく価値があるかどうか

同じ仕事の量でも

1時間必要な人もいれば10分で終わる人もいる

 

この場合10分のほうが優秀な人材となる

客観的に見てこれは誰でも理解しやすい

 

でも「同じ仕事じゃなく私は◎◎にこだわっているから時間がかかる」

みたいな主張をしたいとき

これは上司に主張しても意味がない

お客様に主張しないといけない

どうやって主張するか?

1時間かかった分の御代をお客様に請求するのだ

料金以上の自己主張などない

 

そしてその料金を納得してもらえたときに

はじめてその1時間は意味のある「こだわり」になって

それだけの間がかかってもOKの仕事と評価される

 

不幸にも「値段が高いからいりません」とお客様に言われるなら

自分が費やした1時間は評価されない1時間となり

自己満足という徒労になる

「いや、私はこれに1時間もかかっているんです」と主張しても

「そんなこと言われても困る」

「それはあなたのスキルが低いだけじゃないですか?」

と言われてしまう

 

お客様=対価値でお金を支払う

仕事をする人=対労働でお金をもらう

基準がずれているのだ

だから「私はこんなに仕事をした!」とお客様に主張して

知らんがな、と言われるような仕事の仕方はしてはいけない

 

給料はお客様から頂戴する料金から出ている

誰かのポケットから小遣いみたいにもらえるのではない

なので仕事をする人は「価値がある労働をしているか」を

意識しながら仕事をしないといけない

以前は価値があっても今は無価値になってしまうサービスもあれば

逆に今は価値があるのにそれを無料にしたままにしているサービスもある

 

仕事に思い入れを持つことは大切ですが

徒労が多ければ続かない

本当に価値がある仕事の仕方をしているかどうか

それを毎日チェックしないと

自己満足という徒労が労働時間の多くを支配することになる

そうならないようにするためには

仕事をたまには「引いた目で見る」ことが必要なのでしょう

 

次記事 記事一覧 前記事

関連する記事

カテゴリ別記事一覧

ニュース・採用情報 プレス・メディア情報 CSR活動 代表者ブログ
 
  1. >
  2. >

フォトグラファー
採用店舗


● 写真館すべて

 ※対象「お子様メインのお仕事

ウェディング会場すべて

 ※対象「大人メインのお仕事

×

美容スタッフ
採用店舗


● 写真館すべて

 ※対象「お子様メインのお仕事

ウェディング会場すべて

 ※対象「大人メインのお仕事

×

ブライダルプランナー
採用店舗


ウェディング会場すべて

※「サクラテーブル「アオヤマカフェ「ネストバイザシーはカフェ運営業務を兼務
※「八幡の森写遊庭は写真館運営業務を兼務

×

ドレスプランナー
採用店舗


● 迎賓館サクラヒルズ川上別荘

 ※岐阜県各務原市

ドレッシングネスト

 ※愛知県知多市

×

キッチンスタッフ
採用店舗


ウェディング会場すべて

※「サクラテーブル「アオヤマカフェ「ネストバイザシーはカフェ運営業務を兼務

フロレスタ/ドーナツ専門店

 ※愛知県東海市

×