2016年08月09日

すごいなぁと思える

昨日今日と

北海道のウェディング企業で

最強と思われる経営者とブレーンの方が

弊社の見学に来てくださった

 

私はウェディング業界に友人と思える方は皆無

そのなかでこちらの社長さんは

失礼ながら友人と思っている

 

こちらの会社のすごいところは

ちゃんとした計画性があることだ

ちゃんとした、というのがミソです

 

計画性のある企業はごまんとある

が、そのほとんどは「青写真」「掛け声」どまりで

実態はぜんぜん計画通りに実行できない

 

ただそれが「普通」かもしれない

 

そもそも計画通りに事業をするめることは難しい

「お前はできてるのか?えらそうに!」と言われたら

「ですよね~」としか言いようがない

 

計画を立てることと実行まで到達するかということは別で

会社全体のベクトルを設定することが

計画を立てる意義だろう

 

その点こちらの企業は

計画と実行が

内容的にもスピード的にも合致しているように見える

本当に稀有な会社であり経営者だ

 

そのぶん、計画の第一歩を作るのに

社長さんは苦心されているようだ

掛け声どまりではない計画なので

そりゃそうだろう

 

小さな絵を描くなら

いきなり筆もすすむかもしれないが

畳10畳分の大きな白紙に

絵を描くとして

しかもそれが精緻な絵だとしたら

人はまず「どこから描くか」と考え

白紙の前でシンキングタイムがあるだろう

 

目指す事業規模が大きく

計画と実行がリンクしている会社は

計画を立てるときのシンキングタイムも

深く広くあらねばならないんだなぁと

勉強になりました

 

そしてそのシンキングタイムのストレスに

耐えている社長さんを見て

すごいなぁと思いました