2019年11月29日

仕事のペース

高単価でやれていたお店が、ライバルとの競争や業界のシュリンクなど、様々な理由で利用者数が減ってきたら、やはり、自分たちの仕事をしっかりと見直さないといけません。
 
サービス内容の建て直しが必要なのですが、一度崩れた仕事の流れを立て直すのには、時間がかかります。そして、その時間を誰も待ってくれません。
 
なので、そういう場合は、自分たちのサービスに見合った価格に、一時的に下げてでも仕事をしないといけません。日々の売上が必要ですから。そうしながら、元のサービス水準に戻したり、方向性を変えたりしないといけないので、やることがいっぱいあります。
 
しかし、下手に高単価でやっていただけに仕事のペースがゆったりとしていて、メンタルもゆったりしているのが染み付いているので、やることがいっぱいあるのに余裕をぶっこいてしまう。
 
自分の置かれているポジションを、いろんな意味で見直して、理想の状態に進まないといけませんよね。