2020年12月31日

恒例の事務所での年越し

ごそごそと、自分仕事をしております。
今年は、良くも悪くも色々なことが明確になりました。
 
必要なもの、不要なもの。
力を貸していただける人、そうでない人。
自分が役に立てること、そうでないこと。
先送りしにしていいこと、そうでないこと。
勇気ある行動と、拙速な行動。
慎重な行動と、英断。
 
私が考える、わが社の来年の方針は「とはいえ、現在の事業から逃げない。」ということです。規模の縮小や方法の大きな変更はあるかもしれないが、「サービス業は厳しいので、他の業種を模索する。」ということはしません。
 
まだまだ工夫の余地があることが、はっきりした1年だったので、この経験を生かして、見直していきます。