萬松園

国指定重要文化財

その「美しさ」が評価され
重要文化財となった名建築

萬松園(ばんしょうえん)は、日本初の女優「川上貞奴」が晩年に建てた別荘です。人並み外れた感性が注ぎこまれた歴史的価値・芸術的価値の高い建築物です。2018年8月17日には国の重要文化財に指定されました。

萬松園(旧川上貞奴別荘)

概要

所在地 岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町3-82-2
員 数 3棟
構造・形式
主屋 木造2平屋一部二階建て、入母屋造、奇棟造、切妻造、鋳鉄製瓦葺、平板瓦葺、茅葺
表門 木造、切妻造、銅版葺、袖壁付
茶室 木造、切妻造、桟瓦葺
築年数
主屋 昭和8年(1933年)
表門 昭和8年(1933年)
茶室 明治17年(1884年)
文化財指定 2007年8月 各務原市指定
2018年8月 国指定
萬松園(旧川上貞奴別荘)

特徴

萬松園は、日本初の女優である川上貞奴が、正月・5月・9月の不動尊の月に、貞照寺に参詣するために建てられました。国の天然記念物「名勝木曽川」の区域内にある1000坪の敷地に、建坪150坪、26室(玄関、広間棟・仏間・客間棟・浴室棟・茶室・田舎家棟・台所・女中部屋棟)を雁行型に配置した、他に例を見ない鋳鉄製桟瓦葺の建物です。
 
部屋はどれひとつとして同じ意匠(デザイン)の部屋はなく、貞奴ならではの細やかなこだわりや美意識が投影されています。また、建築当時から電気設備が施設され、水洗トイレ、ボイラー付きの風呂など、昭和初期の最先端設備を備えております。
 
東京生まれの貞奴が鵜沼の地に邸宅を建てた背景には、福沢桃介とともに関わった木曽川の電力開発を通じた、この地への追慕の念があると考えられ、大きな歴史的価値を有する点に特色があります。
 
また、建設当時の様相が今も維持され、風呂、トイレ、台所など裏向きの部分まですべて現存していて、貞奴の晩年の暮らしぶりをうかがい知ることができることも貴重です。建物の外観や凝った内部意匠など、建物自体に高い建築的価値を有していることと合わせ、文化的価値は実に高いと言えます。

萬松園(旧川上貞奴別荘)

川上貞奴(かわかみさだやっこ)

  • 日本初の女優であり実業家。旧劇(歌舞伎)をしのぐ人気を博した新派劇の父と言われる川上音二郎を夫とし、政財界では伊藤博文、福沢桃介とも縁があるなど、女優としても実業家としても有力者であったと言えます。
  • 1871年(明治4年)生~1946年(昭和21年)没
  • 明治28年、川上音二郎一座のアメリカ講演で女優でビュー。翌年ロンドン、パリ万博で一躍有名となり「マダム貞奴」と呼ばれるようになる。貞奴の美しさと華麗な演技はヨーロッパを席巻し、フランスから芸術文化勲章を授与されました。
  • 大正6年に女優を引退した後、演劇の世界に寄与する一方、大正8年~15年は福沢桃介と共に木曽川上流にある7箇所のダム開発に尽力しました。

川上貞奴年表

     
1871年 (0歳) 東京日本橋両替商「越前屋」の12人兄弟の末っ子として生まれる
1878年 (7歳) 芸者置屋「濱田屋」の養女に
1894年 (23歳) 川上音二郎と結婚
1899年 (28歳)
  • アメリカ巡業
  • 女優デビュー
  • マッキンリー大統領と謁見
1900年 (29歳)
  • イギリス・バッキンガム宮殿にて公演
  • ヴィクトリア女王と謁見
  • パリ万博で公演
  • フランス大統領官邸にて公演
1901年 (30歳)
  • ヨーロッパ公演(14カ国71都市)
  • フランス政府から「オフシェー・ド・アカデミー勲章」授与
1902年 (31歳) 神奈川県茅ヶ崎に「萬松園」を建て住む
1903年 (32歳)
  • 東京明治座でシェークスピア「オセロ」を初公演
  • 日本での女優デビュー
1907年 (36歳)
  • ヨーロッパ公演(フランス、イタリア、イギリス、ドイツ)
  • 帝国女優養成所開設
1910年 (39歳) 大阪帝国座落成
1911年 (40歳) 川上音二郎と死別
1913年 (42歳) 大阪帝国座を手放す
1914年 (43歳) 東京・名古屋・大阪・神戸を巡業
1917年 (46歳) 明治座にて引退公演
1918年 (47歳)
  • 川上絹布株式会社を設立
  • 名古屋の二葉館に転居
1925年 (54歳) 川上児童楽劇団養成所落成
1926年 (55歳) 二葉館を退去
1929年 (58歳) 各務原市に萬松園を建設
1933年 (62歳)
  • 萬松園の内部意匠完成
  • 各務原市に貞照寺を建立
1945年 (74歳) 萬松園・貞照寺を売却
1946年 (75歳) 永眠
萬松園(旧川上貞奴別荘)

国指定重要文化財

重要文化財とは、建物、土木構造物およびその他の工作物のうち、次のいずれかに該当し、かつ各時代または類型の典型となるものです。
(1)意匠(デザイン)的に優秀なもの
(2)技術的に優秀なもの
(3)歴史的価値の高いもの
(4)学術的価値の高いもの
(5)流派的または地方的特色において顕著なもの
 
萬松園は女優として活躍した川上貞奴が、貞照寺に参詣するための別荘として建立しました。この邸宅は名勝木曽川の指定地内に位置し、敷地からは木曽川の雄大な景勝を望むことができます。
 
主屋は「玄関・広間部」「仏間・客間部」「田舎家部」「家政部」などからなり、各部屋の 襖床・柱・天井などに、「数寄屋」「中国趣味」「農家風」などの趣向が異なる意匠をみることができます。屋根は鋳 鉄製の桟瓦で覆われており、独特の外観を印象付けています。また、貞奴が滞在するための私的空間と、接客用の空間を併せ持ち、各室を雁行型に配置することで、木曽川の眺望や採光、通風も確保しています。
 
様々な伝統的技法や工芸技術が駆使されており、指定基準の「意匠的に優秀なもの」にあたると評価されました。

萬松園(旧川上貞奴別荘)

ご見学について

毎月1~2回の見学会を開催しております。ご見学は完全予約制となっております。迎賓館サクラヒルズ川上別荘までお問い合わせください。

一般見学に関するお問い合わせ