2017年12月07日

残念でならない

先日

調理人志望の新卒の女性を面接したのだが

希望勤務店舗に空き要員がなく

他の店舗では自宅からの通勤が難しかった

 

本当に断腸の思いで採用を見送らざるを得なかった

とても聡明な人物だった

ご両親にとって自慢の娘さんだろうし

私もそれについては強く同感し尊敬します

 
私が悶々としているのは

今の採用フローだと

採用を見送った理由を

ご本人にしっかりと伝えられないこと

 

結果だけがご本人とそのご家族に伝わる

 
私が専務をやっていて採用・人事・労務を兼務していたときは

新卒の面接者全員に「手紙」を書き

採用者には採用にいたった理由

不採用の方にもその理由を書いた

せっかく面接させてもらったのだから

結果についてその理由を把握しないと

まだ若い学生にとっては「何が良くて何が合わなかったのか」という

就職活動の参考にすらならないからだ

 

今回のケースでいえば

彼女の人生の方針・考え方は

少なくとも私の目には間違っておらず

そこについては悩んだりしなくていいということを

分かってほしいと思った

 

いつのまにやめてしまったのだろう

来年から少なくとも最終面接の方には

それを再開したいと思う