2016年05月08日

「ご招待する・しない」でお悩みの方は

ご結婚式を控えたおふたりがぶつかる最初の悩み

それは結婚式の招待客様として

どなたをお呼びして、どなたはお呼びしないか

とても難しく悩みますよね

 

結婚式にご招待するということは

「あなたは私にとって大切な方です」という意思表示

その後のお二人の生活に大きく影響する大切な決断です

 

ただ

 

誤解を恐れず言うのなら

人間関係の整理ができる節目ともいえます

 

自分はできるだけ色んな人とかかわって生きたいと

思っていらっしゃるなら

迷った方はできるだけ全員ご招待しましょう

 

要するに整理を先送りする

これは決して悪いことではありません

今の自分の決断に自信が持てない

ご縁があった方はすべて大切にしたい

それも人生のやりかたのひとつです

 

逆にこういう大切な節目だからこそ

本当に大切な方々とは誰か?を懸命に考えて

限られた方だけをお招きする

これによってもしかしたら疎遠になってしまう方が

生じてもそれを受け止めて新しいスタートを切る

これも人生のやりかたのひとつです

 

そしてこのどちらをとっても心に負担がかかりますが

より自分が消化しやすい負担のほうを選べば

それがご自身のホンネなのではないでしょうか?