2016年08月17日

二度とやりたくない1年間でしたね(笑)

今まで生きてきて

何回かの「もう二度とやりたくない1年間」というのがあります

それぐらいキツかった1年間

1回目は高校受験(ぜんぜん勉強してなかったので)

2回目はベトナムで会社を立ち上げたとき

そして今回の1年はそのひとつになりました(笑)

 

海陽館とサクラヒルズという

創寫舘の2大基幹店の刷新

これほどハイリクスで

冒険心に富んだ仕事を「せざるを得なかった」

 

ちょうど1年前の私は

ウェディング業界が

駅前立地とか広告合戦とか

そういう客観要素で集客することに躍起になっていて

枝葉の違いはあるものの

大局的に見て内容面での差はほぼなく

「結婚式」が画一化されていく現状に

疑問を持っていたくせに

きっちりそういう他会場様に

広告負けしていた

海陽館であれサクラヒルズであれ

不採算というわけではなかったが

そこに社員さんの労力と精神力を裂かせることに

未来があるのか?と思ってしまった

 

私のような景色重視の田舎結婚式場が

今までどおりではダメだなぁと・・・

中途半端ではだめだなぁと・・・

モヤモヤしていました

 

そこで開き直って

他と結婚式場様と競争したり

お客様の動向をうかがうのではなく

自分がやりたいスタイルを広めていこうと思い

サクラテーブルネストバイザシー

2016年に連続してオープンしました

 

どちらの会場もマーケティング調査はしませんでした

私が信頼する人々が持つ能力を

足し算・引き算・掛け算・割り算して

何ができるのかなぁというベクトルだけで

デザインや経営方針を決めてしまいました

 

とはいえリスクは勘案しました

冒険というのは生還してはじめて冒険なので・・・

お客様に許容してもらえるようちょっと隙を持たせたり

初期投資とこのスタイルが浸透するスピードを考えたり

 

そのためには

社員さんはもちろん外部関係者のみなさまに

無理ばかりを申し上げてしまいました

そんな私にお付き合いいただきご協力いただき

本当に感謝に堪えません

 

そしてこれからも宜しくお願い申し上げます。