2017年07月05日

影響されやすい人

影響されやすい人を定義するに
 
影響元の「すべて」を信頼し
 
それまでの自分を全面的に上書きしてしまう人ではないでしょうか。
 
 
たとえば、他社の人と意見交換する。
 
そこで自社がやっていないことをやっていると「進んでいる!」と錯覚する。
 
で「自社にも取り入れよう!」としてしまう。
 
 
そもそも「やっていないことをやっている」=「進んでいる」と感じること自体が錯覚
 
「かつてはやっていたが時流や社風、会社サイズに合致しないのでやめた」ことをあって
 
それをもって「こんな取り組みをしている!」と報告されたりすると
 
ずいぶん古い情報を持ってくるし感化されるんだなぁとゲンナリする
 
 
さらにいえば
 
どんな会社でも「全面的に進んでいる・遅れている」などということはない。
 
ある一定の部分でモザイク的に進んでいたり、遅れていたりするもの。
 
だから、どの部分を取り入れるべきかをちゃんと見極めないといけない。
 
 
その段階は終わってるんだけど・・・と思うことを
 
やってはいけませんよね