2016年09月24日

かもめのジョナサン

私は今でこそ読書をあまりできていないが

学生のころはたくさん読んでいた

そのなかでも「かもめのジョナサン」は

今でも心に残っている

 

 

この作者のリチャード・バックの言葉で

“プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである。”
A professional writer is an amateur who didn’t quit.

とある

 

フォトグラファーであれ美容師であれ料理人であれ

皆プロになりたくてその道を選んだと思います

「これができたらプロ!」というラインがない中で

日々努力してやめずに続けた末の姿を

傍目から見て「プロ」と評価されるようになる

 

なので若い方はあせらずに続けましょう

 

でもプロになるのは大変

心が折れそうになるほどの困難もあるでしょう

そんなときにはバックのもうひとつの言葉

“すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている。人が困難を求めるのは、その贈り物を必要とするからである”
There is no such thing as a problem without a gift for you in its hands. You seek problems because you need their gifts

 

最初に志した「なりたい自分」になるための道中にある

さまざまな困難は不可避なんだろーし

どーせなら

それを楽しんでいきたいものです