2016年02月05日

ゆとり・さとり世代といって突き放してはいけない

概ね1990年代に生まれた世代を

ゆとり・さとり世代としたのは2010年ぐらいからか

そういって大人が突き放してはいけない

世代の問題ではない気がする

学習指導要領の問題でもない

人間ひとりを作り上げる要素に学校方針が担う部分など

ささいなことだと思っている

 

問題に直面したときに若者と一緒に考える

何もしてやれなくても一緒に迷ってあげる

 

そういう大人が少ないので

悩みを消化できない若者たちは自己防衛本能的に

ゆとり・さとりがあるような志向になったのかもしれない

 

ゆとりもさとりも本当はないはず

それを彼らも知っている

目を切ってはいけない現実を知っている

 

その現実を見せてあげる勇気

それを一緒に消化してやる精神力

それをもって自分の子供たち

これから出会う若者と

接することが理想